TOP > 初めてのLED電球 > 環境にやさしい(水銀を含まない)

環境にやさしい(水銀を含まない)

有害な水銀を含まない

蛍光灯のガラス管内には、微量の水銀が含まれています。蛍光灯は、放電される電子が水銀と衝突することで、あかりが灯る原理となっているからです。そのため、処分する際は適切にしなければ、環境に大きな影響を与えます。
一方、発光原理が従来の蛍光灯とまったく異なるLEDには、水銀は一切使用されていません。環境にもやさしい電球、それがLEDなのです。
  有害な水銀を含まない
 
 

CO2の削減にも貢献

CO2の削減にも貢献   LED電球は消費電力を大幅に抑えることができるため、電力会社の発電によるCO2の削減にも大きく貢献できます。
LED電球の消費電力は、従来の白熱電球と比べて2割弱のエネルギーで同じ明るさを実現します。つまり、CO2の排出量も2割弱に削減できるのです。
 
 
 
ご注文はこちら お問い合わせはこちら